スカパーJSATホールディングス 子会社のエンルートで公的資金の不適切な受給

スカパーJSATは11/13、連結子会社が農林水産省等から処分を受けたことを公表しました。連結子会社のエンルートが、コンソーシアムの一員として参加していた農林水産省等からの委託事業において、委託費の一部を不適切に受給していたということです。

委託事業

参加していた委託事業というのは、ドローンやセンシング技術を活用した「栽培管理効率化」や「病害虫防除管理効率化」といった技術を開発する案件。もう一つは「革新的技術開発・緊急展開事業」というもので、よく分かりませんが、AIを活用した農業創造にかかる案件。

この二つの委託研究事業に関して、本来計上するべきではない人件費を計上していたり、その他の費用(機械・備品費、消耗品費、)についても本来計上するべきではない費用が計上されていたというもの。ドローン機体の販売における過大請求なんてのもありました。

農林水産省等による処分の概要

農水省は委託研究費の返還命令、委託研究事業等の指名停止措置(9か月間)などの処分を行ったようです。エンルートの説明では、農水省に約700万円、農業・食品産業技術総合研究機構に約2400万円を返還するということです。

ちなみにこのエンルート、今年3月にも新エネルギー・産業技術総合開発機構からの助成事業案件・委託業務案件に関して、助成金・委託費の不適切な受給をお詫びしていました。この事案を受けて調査した結果、今回の事案が発覚したという訳です。

高齢化により従事者が減少しているという日本の農業の課題。その課題を解決していくためのドローンを活用した農業分野の新技術開発。事業としても今後魅力ある分野なのにねぇ。もったいない話です。しかし、スカパーって、こんな子会社持ってるんですね。

コメントを残す